自然素材での一戸建て・注文住宅を建築するなら深川ホーム

注文住宅の収納スペース確保のポイント収納は一ヶ所にまとまって確保するのではなく、必要な時に必要なものを確保できる形で配置するのが鉄則です。注文住宅はこの点の都合もつけられる点が魅力ですが、逆に収納の基本を理解していないと間違った収納環境になってしまう恐れもあります。適切な収納スペースを確保するためには場所に応じた配置が求められます。ここでは注文住宅を建てる上で知っておきたい場所ごとの収納の基本を取り上げてみます。


まず玄関。ここはとにかくたっぷりと収納スペースを確保すること。奥行きよりも高さと幅を重視するのがポイントです。この場所の収納スペースが確保できていないと、玄関に靴が乱雑に並んでしまうような環境になります。帰宅した際に面倒くさがらずに靴を収納できる位置にしっかり確保しておきましょう。そうすれば清潔なスッキリした玄関を維持できるはずです。

それから階段。いわゆるデットスペースが生まれる空間です。ここにうまく収納スペースを確保できるかどうかで住宅の収納環境が決まってくるといっても過言ではないでしょう。ここではひとつの収納スペースを作るのではなく、使用する頻度の高い物を収納する部分と、季節物など出し入れする機会が限られている物を収納する部分をうまく分けるとよいでしょう。


取り出すたびにあれこれ引っ張り出さなければならないようでは、いずれしまうのが面倒になってしまいます。もちろん、スペースの問題もありますから、すべて理想どおりに配置するのは難しいかもしれません。しかしこうした基本を踏まえたうえで注文住宅を工夫することで理想に近づけることができるはずです。